グリーンスムージー 粉末

MENU

グリーンスムージーのカロリーは何カロリー?

とろっとしたグリーンスムージーはフルーツを加えることで
甘みが出ます。甘みがあるためダイエット中の女性はカロリーが
気になるところですね。

 

材料に何を使うかによって熱量も異なります。
しかし葉物野菜は種類が異なってもカロリーに大きな差は
ないようですよ。

 

使用するフルーツの種類によって差が出るようですね。

 

グリーンスムージーでダイエットを志すなら
1杯の熱量はどれくらいあるのか大まかでも
知っておいたほうでも良いでしょう。

 

 

葉物野菜1種類にりんご、バナナ、みかんを加えた一般的な
グリーンスムージーのカロリーはコップ1杯が50kcalから
70kcalになります。
牛乳のおよそ半分の熱量になります。

 

またミキサーいっぱいにつくっても200kcalから280kcalです。
お茶碗1杯の熱量は235kcalですから、ミキサーいっぱいの
グリーンスムージーと熱量はほぼ一緒。

 

それに加えビタミンやミネラル、ポリフェノールなど
栄養素はたっぷりで低カロリーなので、ダイエットにはとても
効果的なんですよ。

 

マンゴーや柿など糖度の高いフルーツを加えると
熱量もその分高くなりますから、作る際にはどのフルーツを
加えるかも考えてレシピを練りましょう。

 

積極的にダイエットをしたい方、デトックスをしたい方に
ぴったりの飲み物です。
グリーンスムージーの熱量が気になる方は
野菜を中心に低カロリーのフルーツを加えたレシピがオススメです。

レシピでおすすめなのは一体なに?グリーンスムージー

グリーンスムージーは、健康や美容効果が高く、朝食としても
お勧めのドリンクですが、どれぐらい野菜や果物を入れたらいいのか
分からないという方は意外と多いのではないでしょうか。

 

そこで、初めての方でも簡単に作ることができる
グリーンスムージーのレシピを紹介します。

 

 

基本は、メインの野菜に果物や他の野菜を加えるだけです。

 

メインの野菜類は小松菜やほうれん草がありますが、
小松菜のほうが栄養価が高く、アクが少ないので
使いやすいでしょう。

 

少しクセのある野菜ですが、フルーツを一緒に摂ることで
美味しく頂くことができます。

 

グリーンスムージーのレシピで使いやすい果物は、
バナナやりんご、みかん、キウイなどです。

 

その他には、プルーンや生姜なども入れると少し違った味になります。

 

 

野菜の生臭さが苦手な方は、バナナを入れることで苦味が減り
飲みやすくなります。

 

バナナは、腹持ちもいいのでダイエットにもお勧めです。

 

基本的なグリーンスムージーのレシピに慣れてきたら、
ブルーベリーやマンゴー、イチゴなどのフルーツを加えても
美味しく飲むことができます。

グリーンスムージーの気になるカロリーについて関連ページ

グリーンスムージーを飲むダイエットのやり方をご紹介
グリーンスムージー粉末タイプの人気口コミランキングです。口コミで人気の粉末タイプグリーンスムージーベスト5を徹底比較してご紹介しています。ダイエット効果や健康維持、美容におすすめのグリーンスムージーをぜひご覧ください。
芸能人も愛飲しているグリーンスムージー
グリーンスムージー粉末タイプの人気口コミランキングです。口コミで人気の粉末タイプグリーンスムージーベスト5を徹底比較してご紹介しています。ダイエット効果や健康維持、美容におすすめのグリーンスムージーをぜひご覧ください。