グリーンスムージー 粉末

MENU

グリーンスムージーの副作用とは?

グリーンスムージーには副作用はあるのか、という点が
気になりますね。今、女性を中心にブームになっているのが
グリーンスムージーですが、下痢、便秘や肌荒れ、倦怠感など、
副作用のような症状を出す人も中にはいるのです。

 

これは実は一見副作用のように見えてそうではありません。
好転反応と呼ばれるものです。

 

症状を改善するためにマッサージなどを例にあげると、
一時的には良くなりますが、その後筋肉痛にも似たような
揉み返しが起こることがあります。

 

これは体が刺激によって活発になっているということです。
グリーンスムージーでも似たようなことが言えます。

 

また冬に冷たい飲み物をたくさん飲むと
内臓が冷える内臓冷えという状態を起こしてしまうこともあります。

 

夏が旬のもの、南国の産地のフルーツは特に体を冷やします。
フルーツの果糖によって太る人もいますし、固形物を食べないため
便秘になることも副作用の一例としてあげられています。

 

また妊婦さんや授乳中の女性は、グリーンスムージーは
基本的には皮ごと使うものですから、残留農薬などが
胎児に影響を与えるかもしれないということも考えられます。

 

もちろん、ダイエットのために飲むのは構わないのですが、
妊婦さん、授乳中の女性のダイエットはあまり好ましくないので、
間食がわりに飲むというのなら、オススメでしょう。

 

 

以上、副作用について述べてきましたが、グリーンスムージーは
特別危険な飲み物ではありませんし、ダイエット食とも
また異なります。あなたに合った葉物野菜やフルーツで
色々な味を楽しみましょう。

グリーンスムージーの好転反応って何?

グリーンスムージーを飲むことを習慣にした途端、
好転反応と呼ばれる症状に悩まされる人がいます。
これは個人差がありますから、反応が出ない人もいます。

 

この反応はグリーンスムージーを飲み始めた初期の頃に
よく現れると言われています。

 

現象として眠気や頭痛、吐き気は肌荒れ、便秘、下痢などが
あり、人によって症状はさまざまなようです。

 

 

美肌のために飲み始めたのに!
便秘解消のために飲んでいるのに便秘なんて・・・。
と思われる人もきっといるでしょうね。

 

 

しかしこの好転反応が出るには理由があるんです。

 

毎日を過ごす中でストレス、紫外線や添加物など、体の中には
害になるものが溜まっていきます。
それが体内では活性酸素という物質に代わります。

 

活性酸素は体をさびさせる原因にもなっています。
この活性酸素をグリーンスムージーは排出するサポートを
してくれます。その際、好転反応が現れるのです。

 

グリーンスムージーを飲んだ結果、好転反応が現れたなら、
今まさにスムージーが体の中を大掃除してくれている、
という証拠なんですね。

 

飲み始めて続けるうちに好転反応も徐々に治まってきますから
安心して飲み続けても大丈夫です。
個人差がありますから、何日で反応が治まるかは断言出来ませんが
安心して飲むことが出来ますよ。